カレンダー

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

素材色々

ラベルやシールは、紙製のものばかりではありません。
業者さんに頼んで作ってもらうときはもちろん、家庭用プリンターで自分で印刷するときでも、色々な素材のシールを作ることができるんですよ。
また、形も長方形などのシンプルなものばかりではありません。
丸い形や、正方形など、用途に合わせてさまざまなサイズや大きさのシールを作ることができるのです。

わたしは、防水タイプのラベルシートを使って、子どもの名前シールを作りました。
防水加工なら、お弁当箱やコップ、フォークなど、水洗いする必要があるものにでも貼ることができます。
また、何度も貼り直す可能性がある場合は、再剥離タイプのラベルシートを使うと便利です。
剥がすときに、表面の紙だけ剥がれて、粘着部分がくっついたまま。ということがなく、キレイにシールを剥がすことができますよ。

また、ラベル印刷のフリーソフトの多くは、さまざまなテンプレートを用意してくれています。
テンプレートがあれば、印刷のノウハウがないわたしたちでも簡単に色々なシールを作ることができるんです。
以前、幼稚園のバザーで手作りクッキーを販売したことがありました。
そのときは、表示シールのテンプレートを使って、原材料名や賞味期限などを表記したシールを作ったんです。
手軽にプロっぽいものが作れて、とても助かりました。